massage_2
Redが元気よく、始動する為に、数名のモニターのお客様と、ご意見を伺いながら、実践的な時間を過ごさせていただいきました。

モニターのお客様は、店長が細かくカウンセリングをして、そこからの情報をもらいますが、そこでも、様々なタイプの女性が、こんなサービスに興味を持たれて、必要とされるのだな~と、気持ちが引き締まる思いでした。

 そのお一人。男性とのお付き合いに長いブランクがあった、40代のA様。A様は、ほとんど、男性とのSEXで、感じる、イクという経験も無いとのこと、しかし、自らの意思で、モニターを志願してくださいました。

 自分から、モニターとして、色んな体験をして、何かを得たい、越えたいと思われたのか、恥ずかしいという気持ちより、向き合おうという姿勢でいてくださいました。最初の入浴タイムも、リラックスして、一緒にバスタブで語り合ったり、カラダを洗わせてくださったりしました。

 マッサージタイムでは、マッサージを楽しもうという気持ちと、少しずつ、Hな気持ちになっていく気持ちを同時進行で高めることが難しかったようでしたので、楽しくHな妄想をしてみましょう、とご提案しました。その提案に乗ってくださったので、段々、反応されて・・・結果として、初めて、イクという状態を経験されました。

 
 男女の濃密な時間は、言葉も大きな役割があると実感できました。A様に、この時間は、楽しかったですか?トシとA様は、濃密なSEXしましたか?と、たずねると、はい・・・と笑顔で答えてくださいました。もちろん、本番行為など一切しておりません。しかし、二人で作った、この濃密な、甘い時間は、素晴らしいSEXだったと、トシは思います。